ウインドリバーの採用事例

NASAジェット推進研究所(JPL)キュリオシティ

アビオニクスの管理から科学データの収集、衛星テレメトリを使用した地球のJPLへの実験結果の返送まで、キュリオシティの全機能の実行をVxWorksが管理


火星探査機キュリオシティを支えるVxWorks

2012年8月6日、マーズ・サイエンス・ラボラトリー探査機キュリオシティが火星のゲール・クレーターに着陸し、米航空宇宙局(NASA)は宇宙探査における偉業を達成しました。キュリオシティは、宇宙探検史上で最先端の技術を駆使した自律ロボット型宇宙探査機であり、地質探査機です。火星に生命の維持に適した環境がこれまであったかどうかを調査するとともに、今後の人類のミッションにおける居住可能性を評価するという、画期的なミッションを遂行します。

ウインドリバーのVxWorks®リアルタイムOS(RTOS)は、この歴史的なミッションで中心的な役割を果たしています。2011年11月26日のロケット打ち上げからミッションの終了まで、宇宙探査機の制御システムの核となるオペレーティングシステムを、VxWorksが提供します。太陽系のロボット探査をリードするNASAのジェット推進研究所(JPL)は、ミッションクリティカルなOSの中枢として、20年以上にわたりVxWorksを使用してきました。キュリオシティプロジェクトにかかった総費用は約25億ドル、作業期間は8年間に及びます。莫大な費用と労力が費やされたプロジェクトのため、失敗のない、レジリエントなRTOSが要件の中心でした。

「恐怖の7分間」

キュリオシティは、着陸成功には絶対的な精度が要求されることから、「恐怖の7分間」と表現される、EDL(突入、降下、着陸)と呼ばれる複雑な着陸手順を、VxWorksによって実現しました。火星着陸後は、VxWorksにより、地表面での運用制御、データ収集、火星・地球間の通信中継といった、ミッションクリティカルな作業を実行します。キュリオシティは、火星にかつて微生物の生存に適した環境があったかどうかを調査するとともに、将来の有人探査に向けた火星の居住可能性についての評価を行います。

ウインドリバーはNASA JPLとの協力により、宇宙分野で多大な実績を築いてきました。その第一歩は、VxWorksが月探査機クレメンタインに搭載されて宇宙に旅立った、1994年にさかのぼります。これに続く、火星探査計画マーズ・パスファインダー・ミッションでは、VxWorksは商用OSとして初めて火星に到着しました。ウインドリバーのテクノロジは、火星探査車マーズ・エクスプロレーション・ローバーや、宇宙探査機スターダストなどにも採用されています。