Close

デジタルトランスフォーメーション

インダストリアルIoT(IIoT)の進化を探究するドキュメンタリー

出演

GE社、ウェス・スケフィントン氏
シュナイダーエレクトリック社、クリストファー・ライデン氏
ABB社、バーンハード・エシャーマン氏
ARCアドバイザリグループ社、ハリー・フォーブズ氏
ウインドリバー、ジム・ダグラス
コーン・フェリー社、プリス・バナージー氏
インテル社、デビッド・フォルミサーノ氏

近日公開

専門家紹介

ウェス・スケフィントン

GE

ウェス・スケフィントン氏は、GEグローバルリサーチのコネクテッドコントロールズテクノロジーグループのシニアプリンシパルエンジニアです。

ウェス・スケフィントン氏は、GEグローバルリサーチのコネクテッドコントロールズテクノロジーグループのシニアプリンシパルエンジニアで、制御システムアーキテクチャと組込みプラットフォーム設計の技術面を主導しています。

事業横断的なテクノロジの長期ロードマップの策定と、産学の戦略的関係の確立に注力しています。ミルウォーキー・スクール・オブ・エンジニアリングで電気工学の学士号を、スタンフォード大学で電気工学の修士号を取得しています。

バーンハード・エシャーマン

ABB

バーンハード・エシャーマン氏は、ABBがグローバルに展開するプロセスオートメーション部門の最高技術責任者(CTO)です。

バーンハード・エシャーマン氏は、ABBがグローバルに展開するプロセスオートメーション部門(スイス・チューリッヒ)のCTOです。

CTO就任前は、ABBで数多くの上級職(保護・変電所自動化の研究開発責任者、パワーエレクトロニクスシステムの研究開発責任者、スイスのコーポレートリサーチセンター長、ABBのパワー半導体事業のジェネラル・マネージャーなど)を歴任しました。

カールスルーエ大学(ドイツ)でコンピュータサイエンスの博士号を取得したほか、カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピュータサイエンスの修士号を、カールスルーエ大学で電気工学の学士号を取得しています。

ハリー・フォーブズ

ARCアドバイザリグループ

ハリー・フォーブズ氏は、ARCアドバイザリグループで分散制御システム(DCS)市場を担当するリードアナリストです。

ハリー・フォーブズ氏は、ARCアドバイザリグループでDCS市場を担当するリードアナリストです。

これに加えて、ユーティリティ事業の経験を踏まえてスマートグリッド、産業用ネットワーク、ネットワークと通信規格、電力業界もカバーしています。市場調査分野には、DCSの統合とアーキテクチャ、スマートグリッド、スマートメータ計測、蓄電、産業用無線、産業用イーサネットとネットワーク新技術などがあります。

同氏の30年にわたる業界経験には、オートメーション、発電、エネルギー管理、モデリングとシミュレーション、高度な制御と最適化が含まれます。ARC入社前は、Simsci-Esscor、インベンシス、フォックスボロで、マーケティング、営業、エンジニアリングのさまざまな役職を務めました。また、化石燃料および原子力発電のパフォーマンスオートメーションエンジニアとして、デトロイト・エジソン・カンパニーに在職していました。

ジム・ダグラス

ウインドリバー

ジム・ダグラスは、ウインドリバーのプレジデントとして、事業のあらゆる局面をグローバルに統括しています。

ジム・ダグラスは、ウインドリバーのプレジデントとして、事業のあらゆる局面をグローバルに統括しています。

ハイテク業界での25年以上の経験を生かして、IoT向けソフトウェアのリーディングベンダとしてのウインドリバーの地位を発展させるべく、新規および既存の市場で事業を拡大し、業界をリードする革新的な製品で、エッジからクラウドまでカバーする包括的なポートフォリオの拡充を図っています。プレジデント就任までは、ウインドリバーのグローバルマーケティング戦略、コミュニケーション、プログラムを統括するシニアバイスプレジデントと最高マーケティング責任者(CMO)を兼任していました。

ウインドリバー入社前は、CodeGear(WindowsおよびJavaソフトウェア開発ツールの独立系大手で、Embarcadero Technologiesが買収)で最高経営責任者(CEO)を務めました。また、EDA開発の新興企業ReShape Inc.のプレジデント兼CEOや、Cadence Design Systems, Inc.からスピンオフしたデザインサービス会社Tality, Inc.のワールドワイドセールス/マーケティング担当バイスプレジデントも務めています。Cadenceでは、プロダクトマーケティング担当バイスプレジデントなどさまざまな上級管理職を約10年にわたって歴任し、同社の9億5,000万ドル規模のソフトウェア事業に関してグローバルな責任を担っていました。サンタクララ大学で経営学の学士号と修士号を取得しています。

プリス・バナージー

コーン・フェリー

プリス・バナージー氏は、コーン・フェリーのシニアクライアントパートナーで、IoTデジタルトランスフォーメーションアドバイザリ業務の責任者です。以前は、シュナイダーエレクトリックでエグゼクティブバイスプレジデントと最高技術責任者(CTO)を務めていました。

プリス・バナージー氏は、コーン・フェリーのシニアクライアントパートナーです。グローバルインダストリアルプラクティス部門のIoTデジタルトランスフォーメーションアドバイザリ業務の責任者です。以前は、シュナイダーエレクトリックでエグゼクティブバイスプレジデントとCTOを務めたほか、会長兼CEO直属の執行委員会の一員でした。

現職では、イノベーションおよびテクノロジ差別化の推進を統括するほか、同社の5事業にまたがる研究開発(R&D)活動(スタッフ11,000人、投資額12億ユーロ)の調整を一任されています。それ以前は、アクセンチュアのグローバルテクノロジR&D担当マネージングディレクター、電力・オートメーション企業ABB(スイス・チューリッヒ)のCTOおよびエグゼクティブバイスプレジデント、HPの研究担当シニアバイスプレジデントおよびHPラボのディレクター、イリノイ大学(シカゴ)の工学部長、ノースウェスタン大学の電気コンピュータエンジニアリングの学部長およびWalter P. Murphy教授、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の電気コンピュータエンジニアリング教授を歴任しています。

また同氏は、EDA向け製品の開発企業AccelChipを創業(2006年にザイリンクスに売却)したほか、EDA製品開発を手がけるBinachip, Inc.の創業者として、会長と主任研究員を兼任しました。

クリストファー・ライデン

シュナイダーエレクトリック

クリストファー・ライデン氏は、シュナイダーエレクトリックの戦略・ポートフォリオ担当シニアバイスプレジデントです。

クリストファー・ライデン氏は、戦略・ポートフォリオ担当シニアバイスプレジデントとして、プロセスオートメーションの戦略プランニングプロセス、合併買収(M&A)パイプライン、マーケティング(会社のブランディング、社内コミュニケーションとコーポレートコミュニケーションなど)、業界ソートリーダーシップのコーディネートを統括しています。

同氏はプロセス産業のベテランで、ハネウェルに26年以上勤務し、多数の要職を歴任しました。営業担当バイスプレジデントのほか、同社が世界展開する化学製品・ライフサイエンス事業のバイスプレジデントおよびジェネラル・マネージャーなどを務めました。

2003年から2008年には、インベンシスプロセスシステムスのグローバルマーケティング担当バイスプレジデントとして、多数の戦略的業務を率いたほか、経営幹部チームの一員として活躍しました。直近では、PAS, Inc.の社長を務め、同社の運営と戦略的リーダーシップのあらゆる面を統括しました。

デビッド・フォルミサーノ

インテル

デビッド・フォルミサーノ氏は、インテルコーポレーションのIoTグループ戦略担当ディレクターです。

デビッド・フォルミサーノ氏は、インテルコーポレーションのIoTグループ戦略担当ディレクターです。インテルのエンドツーエンドなIoT戦略の責任者です。

インテルの事業部門間の横断的な協業を推進し、顧客のビジネス変革を後押しする、一体感のあるIoT戦略の策定と実施に取り組んでいます。それ以前は、高度な技術的セールスを率いるディレクターとして、インテル組込みシステムのデザインウィンやデザインインを世界中で推進していました。

このほか、インテルのさまざまな組込み/通信事業部門で、戦略的マーケティングと製品ライン管理の経験を10年以上積んでいます。同氏はインテルでプロセスエンジニアとしてキャリアをスタートし、インテルのアリゾナ工場に携わりました。1994年にウィスコンシン大学を卒業し、材料科学と工学の学士号を取得しています。2000年にはアリゾナ州立大学で経営学修士号を取得しました。

最新情報を配信

インダストリアル関連の最新ニュースやウインドリバーの新着情報をお届けします。ぜひご登録ください。

The registration service is not available at this moment. Come back later and try again.

関連リソース

業界の変革を目指す専門家の見解や実践について、詳しくご紹介します。

シュナイダーエレクトリック:IIoTが可能にする新たなインダストリアルオートメーションシステムのトポロジー

IIoTの導入によって可能になる、固有の産業用テクノロジと完全に一致する新たなトポロジーのメリットを分析します。

詳細はこちら

GE:インダストリアル・インターネット制御システム

インダストリアル・インターネット制御システム(IICS)は、資産の最適化、プロセスパフォーマンスの強化、生産性の向上により、オペレーションを効率化します。新たな収益機会の開拓や、機器のライフサイクルの延長を図ることができます。

詳細はこちら

ウインドリバー:オープンでセキュアなインダストリアルオートメーションシステム

独自開発ソリューションの問題点、ソフトウェア定義型インフラを使うメリット、ソフトウェア定義型アーキテクチャの要件を解説します。

詳細はこちら