VxWorks

Advanced Technology

ウインドリバーは、組込みデバイス、マシン、システムの性能強化を図るために、重要機能をサポートするVxWorks®用アドオン機能を取り揃えています。

SECURITY PROFILE

Security Profileを搭載したVxWorksは、IoTの中にあるデバイスやIoTを流れるデータを保護する、拡張可能で将来にも対応する先進のソフトウェア機能を提供します。

Security Profileは、包括的なセキュリティ機能により、VxWorks Core Platformを強化します。ブートアップや運用、データ伝送や使用していないときまで、すべての段階でデバイスとデータを効率よく効果的に保護できます。

セキュアなランタイムローダ

Security Profileは、システムの完全性を保護し、IPの不正使用やコードのリバースエンジニアリングを防止します。ウインドリバーはWibu-Systems社と提携して、ダウンロード可能なカーネルモジュールやリアルタイムプロセス(RTP)のデジタル署名の復号化(AES)、検証(ECC)が可能なソリューションを提供します。

ネットワークセキュリティ

Security Profileは、最先端の暗号化技術に対応した最新版Wind River SSLのほか、ネットワーク通信を効果的にセキュア化するWind River SSH、Wind River暗号化ライブラリ、Wind River IPsecとIKEを搭載しています。

高度なユーザ管理

Security Profileは、不正なアクセスからデバイスを保護します。ユーザベースでポリシーやパーミッションを定義、適用することが可能です。

セキュアブート

Security Profileは、認証された(署名付き)バイナリのみ実行を許可することで、悪質なコードの挿入や実行を防止できます。

暗号化コンテナ

Security Profileは、デバイスが使用されていないときや電源が入っていない場合でも、データを保護します。

関連情報

SAFETY PROFILE

Safety Profileを搭載したVxWorksは、高度な安全分離機能を提供します。複数のアプリケーションを高い信頼性で統合することが可能で、部品コスト、メンテナンスコスト、更新コストの低減につながります。近く提供予定のオプションのSafety Profile向けIEC 61508 SIL3認証取得用ドキュメントパッケージにより、組込みシステムの認証取得に必要な時間を短縮し、作業量を削減できます。

分離による統合

Safety Profileは、VxWorks Core Platformのスペースパーティショニング機能に、高度なタイムパーティショニング機能を追加します。両機能を併用することで、1つのハードウェアプラットフォーム(シングルコアまたはマルチコア)上で、重要度の異なる複数のアプリケーションを、高い信頼性で干渉なく統合することが可能です。

パーティショニングを使った分離により、システム全体の再テストや認証更新を必要とせずに、特定のアプリケーションをピンポイントに更新できます。

VIRTUALIZATION PROFILE

Virtualization Profile for VxWorksは、Type 1のリアルタイム組込みハイパーバイザをVxWorksのコアに統合します。複数のスタンドアロンハードウェアプラットフォームを、1つのマルチコアプラットフォーム上に統合でき、大幅なコスト削減とデバイスの高機能化を実現します。

Virtualization Profileは、VxWorks Core Platformを以下の機能で強化します。

Type 1のリアルタイム組込みハイパーバイザ

  • 64ビットハイパーバイザ(32ビットおよび64ビットの仮想マシンをサポート)
  • シングルコア/マルチコア仮想マシンのサポート

VirtIOによるデバイス仮想化フレームワーク

  • オープンスタンダードによる柔軟なデバイスの仮想化

仮想マシン間通信

  • 高速仮想TCP/IPネットワーク

サポートアーキテクチャ

  • インテル®アーキテクチャ(VT-xをサポート)をサポート

AXON PREDICT ANALYTICS

AXON Predict™ Analytics for VxWorksは、可視化できる高度なリアルタイムエッジ分析を、VxWorksに統合して提供します。VxWorksベースのデバイス上で、遅延なくリアルタイムに自動的応答が可能になります。AXON Predict Analyticsは、デバイスの処理効率を高め、機械学習、予測分析、AIを使ったデータインサイトを提供可能にしながら、大量のリアルタイムストリーミングデータを分析するように設計されています。AXON Predict Analyticsは、クラウドに接続せずにデータを処理します。検出されたイベントをVxWorksアプリケーションに通知して、アラートや自動的なアクションを促すことが可能です。

可視化できる高度なリアルタイムエッジ分析

AXON Predict Analyticsエンジンが実装されて分析スクリプトとパターン定義が用意されると、データをリアルタイムで処理します。分析設定を使用して、教師なし学習モードで運用ベースラインを決定し、リアルタイムの異常検出をサポートします。

組込み向けIoTアナリティクス

AXON Predict Analyticsの強力で動的なエッジ分析エンジンは、小型のリソースに制約のあるリアルタイムデバイスには大きなメリットがあります。開発者は、インテリジェンスを活用して分析駆動型のアプリケーションを構築して、ネットワークエッジで重要なデータをリアルタイムで処理することが可能です。マシンとスマートセンサーは、ネットワークの各段階で情報を分析したうえで、異常を自動的に検出してデータの発生源でリアルタイムのアクションを取ることができます。

インダストリアル向けに設計

多くのインダストリアルシステムはオフラインモードで稼働しています。AXON Predict Analyticsは、ネットワーク非接続環境でも継続的に動作し、適切なアクションを促すために異常とパターンを自発的に見つけます。

ダウンタイムを短縮

AXON Predict Analyticsは、大量のセンサーデータを分析して故障前に起きるパターンを特定します。このようなパターンが認識されると、故障の可能性についてのアラートを駐機場の乗員や油田の技術者など、第一線の担当者に送り適切な修理を促すことが可能です。

安全性とサイバーセキュリティの向上

VxWorks開発者はAXON Predict Analyticsにより、安全面の潜在的な障害のモニタリングや監視を行い、問題が生じる前に未然に対処できます。AXON Predict Analyticsリアルタイム分析エンジンを使用して、エッジで侵入の検知や修復を行い、重要インフラやIoTシステムのサイバーセキュリティ対策を強化します。

遅延がわずかかゼロ

AXON Predict Analyticsは、データ発生源のデバイス上で、リアルタイムデータを分析、処理します。続いて、人手を必要とせずに指定された障害に対応する、自動的アクション(これも直接デバイス上で発生)を習得します。その結果、オペレータの対応能力を補強できます。

MICRO RUNTIME

Wind River Micro Runtimeは、VxWorksに最適化された組込みJavaランタイムエンジンを提供します。リソースに制約のあるデバイスでフットプリントを小さくする必要のある、組込みデバイス専用Javaアプリケーションをデプロイできます。

IoT開発者はMicro Runtimeを使用してアプリケーションを設計すると、Javaのメリットを組込み開発に取り入れることができます。開発効率やコードの移植性が高まるほか、OTAでのバグ修正により、コストを削減したり、新たな収益機会を創出できます。

組込みとIoT向けに設計

リソースに制約のあるIoTデバイスの要件に対処するため、Micro Runtimeは主要な通信プロトコル(TCP、UDP、CoAP、MQTT)と周辺インタフェース(GPIO、I2C、SPIO)を搭載しています。メモリ/CPUに制約のあるシステムに最適化されています。

プログラミングは1度、デプロイは何度でも

Micro Runtimeでは、Javaアプリケーションの開発に1回投資すれば、複数のプロジェクトで再利用できるので、プロジェクトのコストダウンを図れます。これは、IoT分野では重要なポイントです。

セキュリティを優先した設計

Micro Runtimeは、標準Javaのセキュリティ機能をすべて提供するほか、Java用Bouncy Castle Crypto APIを使った高度なセキュリティもサポートしています。また、アプリケーションを適切にサンドボックス化できるように、自己完結型に設計されており、厳格なセキュリティライフサイクル開発プロセスに従って開発されています。

巨大なJavaエコシステムを活用

お客様のC/C++アプリケーション開発者に加えて、900万人以上のJava開発者が参加する、巨大なエコシステムとナレッジベースを活用できます。プロジェクトチームの即戦力になってくれるはずです。

プロジェクトの市場投入までの時間をスピードアップ

Micro Runtimeエンジンと完全なソフトウェア開発キット(SDK)により、アプリケーションのライフサイクル全体でエンジニアをサポートします。Java開発者は、ターゲットボードをLinuxやWindowsのホストにネットワークケーブルで接続するだけで、使い慣れたEclipseベースのWind River Workbench開発環境で、Javaアプリケーションのデバッグを始められます。

メンテナンスやアップグレードが簡単

Micro Runtimeのリモートアプリケーション管理では、システム全体を書き換える必要がありません。そのため、保守要員の派遣が不要になり、サポートコストを節減できます。新機能を追加して競争力を維持できるほか、新たな収益源を生むことも可能です。