オートモーティブ・イノベーター:
ソフトウェアを所有する

自動車メーカーはどの時点で、自分たちがソフトウェアビジネスに携わっているという事実に直面するのでしょうか。この傾向は数十年の間に徐々に強まってきました。ソフトウェアが車の消費者向け機能、ユーザエクスペリエンス、運動性能に寄与する部分は増しており、ダッシュボードからコネクテッドカー、パワートレイン、安全システム、車載インフォテインメント(IVI)まで多岐に及びます。本ホワイトペーパーでは、自動車メーカーがより包括的なソフトウェア所有戦略の導入の必要性を検討するほか、そのニーズに応えるために、ローランド・ベルガー社とウインドリバーが提供できる具体的なサービスについて紹介します。

目的
  • ソフトウェアはどのように自動車の知覚価値を促進しているのか
  • ソフトウェア所有の主要な考慮ポイント
  • ソフトウェアや戦略に横断的なコンピテンシーが必要な場合
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。