エッジでのアナリティクス:インダストリアルIoT(IIoT)におけるリアルタイムの結果

人工知能(AI)の進歩と、より高い処理能力をエッジに移す動きにより、IoTシステムのエッジにあるデバイス上での分析が可能になってきました。これにより、意思決定の自動化やアクションの開始をリアルタイムに実施することができます。データを、分析のためにクラウドに送り、意思決定をデバイスに送り返す必要がありません。本ホワイトペーパーでは、エッジ分析に向かう新たな潮流を検討するほか、従来のクラウドベースのアプローチと対比させ、この新たなモデルがIoTの収益化にどのように有効かを解説します。

目的
  • データの「発生源での」処理や分析が現実になりつつある理由
  • 遅延のリスクを減らし、エッジデバイスでリアルタイムに対応するための手法
  • 1つのシームレスなソリューションでリアルタイムエッジ分析を実現する方法
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。