NFV:アプリケーションレベルの高可用性に対する誤解

NFV(Network Functions Virtualization)ソリューションを設計する際、一部のサービス事業者は、アプリケーションレベルの冗長化構成(ロードバランサー、チェックポイント処理、ジャーナリング等)により、高可用性の課題に対処しています。しかしながら、アプリケーションレベルの高可用性では、物理装置を基盤とする既存のネットワークインフラを利用するサービス事業者が設定した、99.999%の信頼性を実現できません。本ホワイトペーパーでは、NFV実装システム内で提供されるサービスに対し、99.999%の可用性を確保するための方法を説明しています。

目的
  • 高可用性の実現方法に関する一般的な誤解
  • アーキテクチャフレームワークやレジリエンス要件の観点からETSIの推奨要件の内容分析
  • 堅牢で高可用性のNFVインフラを実現するための包括的ソリューションの概要
ホワイトペーパーをダウンロード

*ホワイトペーパーのダウンロードには、お客様情報のご登録をお願いしております。