WIND RIVER HELIX
VIRTUALIZATION PLATFORMコネクテッドカー・自動運転車

製品概要

自動車の製造方法、運転方法を変える

今日の、コネクテッドカー、自動運転車および電気自動車の開発には、車載コンピューティングシステムを設計し開発するための新しいアプローチが必要です。Wind River® Helix™ Virtualization Platformはこれを実現し、今日から将来にわたり、あらゆる種類の機能とさまざまなレベルの安全性を、ひとつのエッジ・コンピューティング・プラットフォームに統合することが可能です。

自動車業界における課題

自動車開発で使用されてきた従来の組み込みソフトウェアアーキテクチャとオペレーティング環境は、高まり続ける次世代システムへの要求を満たすために、進化が求められます。最新のリアルタイムOSは、マルチコアの安全な認証済みアプリケーションを処理できますが、コネクテッドカーや自動運転車では不十分です。さまざまな種類のハードウェアの小型化と採用、柔軟なソフトウェアアーキテクチャの開発、ひとつのシステム設計でのさまざまなオペレーティングシステムの利用を実現できるのは、異種オペレーティング環境のみです。

HELIX PLATFORMの特長

Helix Platformは、ユーザーが重視する要件(リアルタイムOS(RTOS)、Linux、安全性、セキュリティ、遅延時間、ディターミニズム、重要度、既存プラットフォームやアプリケーション)に適合、または複数の要件を組み合わせた柔軟な選択肢を提供します。重要度が異なるOSの混在環境をサポートすることにより、セーフティクリティカルなアプリケーションと汎用アプリケーションが並行して実行可能になると同時に、ISO26262安全規格の厳密な要件を満たします。さらに、Helix Platformは将来を見据えて設計されており、新しいパーティションを容易かつ安全に追加することが可能です。

ユースケース: ECU Consolidation in Tomorrow’s Connected and Autonomous Car