Wind River Linux

Wind River®Linuxは、業界最先端の組込みLinux開発プラットフォームです。インテリジェントエッジデバイスの構築とサポートを後押しする包括的な製品群、ツール、ライフサイクルサービスを提供します。

無償版をダウンロード

Wind River Linuxの製品概要

インテリジェントエッジ向けLinux

オープンソース技術に適応することは、今や多くの企業にとって必須事項です。組込みLinuxは、その入手しやすさ、豊富なツールとリソース、強力なエコシステムから、急速に有望な選択肢になりつつあります。しかし、Linuxの多種多様な側面を自分で管理するのは、骨の折れる作業です。ウインドリバーを御社のLinuxパートナーにお選びいただくことにより、そうした問題を解決できます。

VDC Research - Wind River #1 in Commercial Embedded Linux

詳細の管理はウインドリバーに任せて、お客様は優れた製品の構築に集中

Linuxプラットフォームをオープンソースから自社で開発した場合に生じがちなリスクや労力なしに、堅牢で信頼性とセキュリティに優れたLinuxベースのエッジデバイスやシステムを構築、展開できます。

LINUX FIGURE
  • 市場投入までの期間を短縮: 無償提供のYocto Project Linuxを使用して、今すぐお客様独自のLinuxディストリビューションの構築を開始しましょう。後に当社の柔軟なサブスクリプションプランに簡単に移行できます。
  • 総所有コスト(TCO)の削減: お客様の開発ライフサイクルにおけるあらゆるニーズに対応するLinuxエキスパートチームの支援により、フルに検証、メンテナンス、サポートされたLinuxを活用できます。

    TCOを計算する

  • オープンソースソフトウェアの可能性を最大限に活用: 個別のユースケース要件を満たし市場ニーズに対応したLinuxソリューションを構築し、セキュリティの強化、安全、高パフォーマンス、低遅延を実現しましょう。Linuxパートナーが設計上および展開上のニーズをサポートするため、お客様はイノベーションに注力できます。

認証について

Quality Certification

品質について

Wind River Linuxの開発プロセスとメンテナンスプロセスは、厳格な品質マネジメントシステムに従っており、お客様に品質の高いソフトウェアをお届けします。

証明書はこちら

Face Conformance

FACE適合について

Wind River Linuxは、最新の「Future Airborne Capability Environment(FACE)」Technical Standard, Edition 3.0のOSセグメント(OSS)において General Purpose Profile(GPP)に適合しています。

証明書はこちら

マーケットグレードLINUX

航空宇宙・防衛

  • 改ざん防止とサイバーセキュリティの強化
  • STIG(セキュリティ技術導入ガイド)
  • 規格準拠(NIST 800-53)

オートモーティブ

  • セキュアゲートウェイ/TCUおよび統合型コックピット・エンターテイメント・システム
  • ISO 26262ソリューションの一部としてのADAS/AD意思決定モジュール
  • オープンソース技術を用いた拡張性(AGL、GENIVI、AUTOSAR、ROS)

インダストリアル & エネルギー

  • 変電設備、ロボティクス、オートメーション
  • IEC 61850 エネルギー規格対応
  • 5Gネットワークとの相互運用性を強化

医療

  • 医療機器のクラスII対応
  • セキュリティ脆弱性からの保護
  • OTA更新ソリューション

通信

  • vRANなどの5Gエッジユースケース
  • キャリアグレードLinuxおよびテストスイート
  • 5Gユースケースに対応する超低遅延

幅広いアーキテクチャを網羅するBSPをサポート

あらゆるボード、あらゆるアーキテクチャに対応 — 今すぐ始めましょう。

arm logo
Intel logo
NXP logo
RENSESAS logo
Texas Instruments logo
XILINX logo
AMD logo
MARVELL logo
Raspberry Pi logo

コミュニティ

ウインドリバーは、Linux Foundation(15年以上)やYocto Projectなど、さまざまなオープンソースコミュニティのメンバーであり、アクティブなソフトウェアコントリビュータです。当社のコミュニティ活動には、各市場向けのLinuxディストリビューションを定義する活動(オートモーティブグレード、キャリアグレード、エネルギーグレードなど)およびソースコードのコントリビューションなどが含まれます。ウインドリバーは、Yocto Projectの主要なソフトウェアコントリビュータであるほか、OpenChain*の創始メンバーでもあります。

*OpenChain: コンプライアンス要件を満たしたソフトウェアの構築と展開のための条件を定義するオープンソースコミュニティ

Linux Foundation logo
Yocto logo
Carrier Grade Linux logo
LF Energy logo
Automotive Grade Linux logo
Open Chain logo

採用事例

Toshiba

東芝

「ウインドリバーとのパートナーシップは東芝にとって、また小売業界における当社の方向性や投資計画にとって、非常に重要な位置を占めています。安全でセキュリティ保護されたインテリジェントシステムの提供で30年以上の実績があるウインドリバーと協働することで、当社はクライアントが期待するデジタル変革を生み出すことができます」

—東芝 グローバルマーケティング部門ディレクター、フレドリック・カールグレン氏

Schneider

シュナイダー

「シュナイダーでは、エンジニアがコストを削減しながら、画期的な産業用製品の開発を加速できるように、10年以上前からウインドリバー製品を利用しています。Wind River VxWorks以外に、Wind River Linuxも、IoT向けの当社のニーズを満たしたり、お客様が新しいデータにアクセスしてビジネスの変革を図るために必要なセキュリティ、拡張性、柔軟性を備えています」

—シュナイダーエレクトリック社CTO、ニコラ・レテリエ氏

Apex Supply Chain Technologies

エイペックス・サプライチェーン・テクノロジーズ

「当社の主要な自給式ポイントオブユース型物品供給システムを強化するために、Wind River Linuxを選びました。優れたオープンソーステクノロジ、インテグレーション済みで最適化された組込み開発、グローバルなカスタマーサポートにより、開発期間を短縮し、迅速に市場投入できるからです」

—エイペックス・サプライチェーン・テクノロジーズ社CIO、ベン・サベージ氏